視覚的な空間把握

GISはマップという視覚的にわかりやすい表現方法が特徴です。表や文章だけでなくマップで示すことで位置に基づくコミュケーションを支援できます。

空間分析

GISは位置情報をデータベースとして管理し、それらの位置関係を用いた様々な空間分析を行うことが可能です。これにより空間的な特徴や傾向を捉えることができます。

合意形成

様々な可視化や分析を駆使することで様々な計画の立案し、その結果を緩傾斜で共有することでや合意形成の支援が可能となります。

PAGE TOP
MENU